驚きの効果があった足マッサージ

以前に仕事の関係でマレーシアに住んでいたことがあります。このときに中国式の足マッサージ店でマッサージを受けたことがあります。所属していたアマチュアサッカーチームでの試合を終え、疲れた足を癒すためにこの店を訪れました。マッサージは足の裏からふくらはぎに至るまで、力強く行われました。揉むというよりは親指に力を入れて一点を押し、その指を滑らす感じで行われました。
足の裏は非常に気持ちがよかったのですが、ふくらはぎのマッサージは痛みを感じるほど強く行われ、日本語で「痛い」といいながらしかめっ面をしてそのことをマッサージ師にアピールしました。しかしマッサージ師はそれを面白がるようにしてさらに力を入れてマッサージしていきます。サッカーで怪我をした場所でも関係なくマッサージするために、思わず横になっていたベッドから飛び起きてしまうこともありました。
この調子でマッサージは一時間続けられました。そして帰り際に自分の足を見てみると内出血しているところもありました。しかし驚いたことに足がとても軽くなり、だるさは全くといっていいほどなくなっていました。痛いといっているのにマッサージを続けたり、怪我しているところを全くケアしないなど、日本では考えられないことかもしれません。それでもマッサージ後の足の軽さは、このマッサージ師のすごさを物語っていました。

トップページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です